墓じまいをする注意点

墓じまいした後の遺骨の行先

かつて、お墓は先祖代々継承し、維持管理し供養を続けていくものでした。しかし近年では、継ぐ子どもがいなかったり、負担をかけたくないなどの理由からお墓を処分する例が増えてきています。これを墓じまいといいます。
墓じまいをする際、問題となるのは中に納めている遺骨をどこへ移転させるかということです。遺骨は遺族にとって大切なものであり、また骨を勝手に好きなところに埋めることは禁止されていますので、どこに移すかはよく検討しなければなりません。
移転先として多いのが永代供養墓です。これは墓地や霊園の管理者に費用を払うと、永代に渡って代わりに維持管理、供養をしてもらえるものです。また納骨堂もよく選ばれています。納骨堂は個別に遺骨を納められる室内型のお堂ですが、何年か経つと永代供養墓に合祀されることが多いです。その他、散骨や手元供養を行うこともあります。

親戚の同意を得ることとかかる費用に注意

移転先を決め、墓じまいをすることにしたら、注意すべき点がいくつかあります。
まずは親戚の同意を得ることが大切です。お墓には先祖の遺骨もおさめられており、特別な思い入れをもつ人がいる可能性があります。一方的に墓じまいするのではなく、関係している親戚にはきちんと話をしておきましょう。
また、墓じまいにはお金がかかります。墓じまいしたお墓は、僧侶にお魂抜きをしてもらう必要がありますが、その際はお布施が必要です。またこれまでの御礼の意味を込めてお寺には離檀料を渡します。10万~20万が相場と言われていますが、明確な決まりはありません。お墓の敷地は永代使用料を払って借りているかたちになりますので、墓じまいしたときは、墓石を撤去して更地にして返す必要があります。業者にお願いすることになり、これにも当然お金がかかります。予想外の出費で困らないように、事前によく検討しましょう。

© Copyright Grave Duty. All Rights Reserved.