墓じまいは自分でもできる?

このままでは無縁仏に!墓じまいという選択

最近墓じまいという言葉をよく耳にしますが、墓じまいとはそのものずばり「お墓を処分=おしまい」にすることです。
少子高齢化で後継者がいない、お墓が遠くてお参りに行けない、子供に迷惑をかけたくない、そんな理由からお墓を処分する人が増えています。
お墓の維持には結構な費用がかかります。お寺でも霊園でも、毎年の管理料は必要ですし、お寺の場合はお布施や寄付も支払うこととなります。
こうした支払が滞れば、法律に則って、永代使用権が取り消され、お墓が没収されて無縁仏になってしまうこともあるのです。
後々こうしたトラブルが起こらないように「墓じまい」を考えることは、現代社会では合理的で有益な方法といえるかもしれません。

具体的にはどうしたら良いのでしょうか?

お墓には遺骨が納められていますから、勝手に掘り出して処分することはできません。
また、墓地埋葬法という法律で、国民の墓地や埋葬等については様々なことが定められており、行政への手続きも必要となります。

墓じまいを行う場合は、まず墓じまいをした後の遺骨の行先をあらかじめ決めてから、墓地の管理者に墓じまいすることを申し入れ、魂抜き(閉眼供養等)をし、遺骨をお墓から取り出した後、墓地の解体・撤去・処分という運びとなります。

その際、しばしば墓じまいの費用について、法外な金額を墓地の管理者から請求されてトラブルになるケースも多発しています。
非常識な請求を受けた場合は、消費者センターや弁護士等に相談することは非常に重要ですが、最近では、墓じまいを専門に請け負う業者もあるようです。無料相談できる業者も多いようなので、まずは相談して、一度墓じまいについて検討してみてはいかがでしょうか。

© Copyright Grave Duty. All Rights Reserved.