墓じまいの費用の相場

墓じまいで費用がかかる理由

墓じまいとは、お墓を受け継ぐ子どもがいなかったり、家族がみんな遠方で暮らしていたりして、お墓の維持管理が困難といった理由から、今あるお墓を撤去処分することを言います。お墓を処分した後は、中にあるお遺骨は別の墓地や永代供養墓に移転させるのが一般的ですが、樹木葬や散骨を行うこともあります。また自宅に置く手元供養を選ぶケースもあります。
一般に、お墓の敷地は永代使用料をはらって借りている状態にあります。また遺骨の取り扱いは「墓地、埋葬等に関する法律」で定められています。そのため墓じまいする際にはさまざまな手続きが必要になり、そして費用もかかってきます。
それでは、墓じまいは何に費用がかかり、それぞれの相場はどのくらいでしょうか。

墓じまい費用の内訳と相場

墓じまいにかかる費用は主に次の3つです。 お魂抜き・閉眼供養は、現在使用しているお墓からお骨を取り出す際に行う儀式です。僧侶にお願いしてお魂を抜いてもらうことで、お布施を包みます。明確な決まりはありませんが、2万円~5万円程度といわれています。 墓石の撤去、更地にする費用とは、寺院のお墓の敷地は、墓石を撤去して更地にしてお返しする必要があります。墓地の規模や墓石の大きさなどのより費用は異なります。1平米10万円程度が相場ですが、業者によって異なりますので事前によく確認することが大切です。 離檀料は、檀家を離れるため、これまでお世話になった感謝料としてお渡しするものです。支払う法的な根拠はなく、あくまでお礼の気持ちですが、10万~20万ほど渡すことが多いようです。まれに高額な料金を請求される場合がありますが、そのときはよく話し合い、法律の専門家にも相談してみるといいでしょう。

© Copyright Grave Duty. All Rights Reserved.