墓じまいを行う理由

お墓を守っていけなくなったら

近年、お墓を撤去して更地にする「墓じまい」が注目されてきています。先祖代々のお墓を守っていくのが当たり前だった時代から、現代では核家族化が進んだこと、ライフスタイルやお墓に対する考え方の多様化などからお墓を守っていくことが難しい時代に変化しつつあります。そういう背景もあり「実家から離れたところに住んでいてお墓を守れない」「お墓を引き継ぐ子供や孫がいない」などの理由で墓じまいを考える人が増えています。
「墓じまい」は、お墓の契約を修了して遺骨を取り出し、解体、撤去することです。
今あるお墓の寺院や霊園の管理者に相談して、然るべき手続きをした後に遺骨を取り出します。その後、業者に依頼してお墓を更地にします。

墓じまいを代行業者に依頼する方法

「墓じまい」は、寺院や霊園などへの相談から始まり、遺骨を取り出すための役所への手続き、お墓を更地にする業者への依頼、その後の供養や改葬など時間や手間がかかるものです。全てを自分で行うこともできますが、遠方にお墓があると難しいことも考えられます。取り出した遺骨をどうするかも決めなければいけません。取り出した遺骨は、新しいお墓に引っ越す改葬するケースや新たなお墓は作らずに散骨するなどのケースがあります。
そこで、「墓じまい」の一切の手続きを代行業者に依頼する方法もあります。石材店や葬祭業者などでは時代のニーズに合わせて「墓じまい」を取り扱うところも増えてきています。中には永代供養墓を用意しているところもあり、「墓じまい」を検討している方は相談してみても良いでしょう。

© Copyright Grave Duty. All Rights Reserved.