墓じまいの手続きと流れ

墓じまいをする理由はさまざま

少子高齢化が進む中、先祖代々のお墓を継承していくことが難しい世の中になってきました。お墓があっても、遠くてなかなかお参りに行けない、車がない、自分も高齢になり、体の自由がきかないなどの理由で維持が難しくなっていることもあります。また、子供がいない、いても女の子ばかりで後を継ぐ人がいない場合もあります。親族間や、霊園やお寺との間で金銭トラブルなどが生じる場合もあります。いずれにしても「家」で結ばれ、「家」やお墓を継承していくことが大切だった時代のやり方が今日の社会では難しくなっているのです。先祖を大切にすることは子孫繁栄の証とも言われ、お墓の手入れを怠ったり、先祖をないがしろにすることに心理的に抵抗を感じる人も多いのです。ライフスタイルが変化する中で、無理をせず、子孫に負担をかけない、という意味でも墓じまいは理にかなったやり方だと言えます。

墓じまいの一般的な手順

墓じまいをするためには移転先と今のお墓双方の法的手続きが必要です。新しい移転先を決めたら、そこで受け入れ証明書を取得します。次に今の墓地のある市町村役場で「改葬許可申請書」を取り、お墓の管理者に書いてもらい、提出します。許可が下りて初めて改葬できるのです。次にお寺に連絡し、僧侶立会いのもとでお墓の魂抜きの儀式を行ってもらい、遺骨を取り出します。その後、お墓の閉眼供養をとり行います。取り出した遺骨は新しい移転先に改葬します。古いお墓は墓石を解体、撤去処分し、墓地は更地にして返します。最近ではこうした手続きを代行する業者も増えています。
墓じまいをすることに決めたらトラブル回避のためにも早めの連絡が大切になってきます。墓地を管理する霊園やお寺ともそうですが、親族間でも勝手に決めた、などと後で揉めないよう、必要なところには早めに連絡しておきます。

© Copyright Grave Duty. All Rights Reserved.